メインビジュアル

蒲田 西口 耳鼻科 耳鼻咽喉科 めまい診療 WEB予約有り 大田区

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-44-6 パシフィックタワー4F

お問い合わせ03-3733-8733

MENU

アレルギー性鼻炎(花粉症) allergie

鼻粘膜の外科的治療

アレルギー性鼻炎(花粉症)

トリクロール酢酸による鼻粘膜の外科的治療をおこなっています。耳鼻咽喉科特有の治療法で、頑固な鼻閉に有効です。簡単な手術であり、小学生でも可能です。

舌下免疫療法:対象年齢6〜65歳

舌下免疫療法とは?

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療に、舌下免疫療法があります。
舌下免疫療法は、アレルギーの原因となる物質(アレルゲンエキス)を少量ずつ長時間摂取することで、アレルギー反応をおこしにくくする状態を作り出すアレルギー免疫療法(減感作療法)のひとつです。
現在のところ、国内ではスギ花粉症と、ダニアレルギーによる鼻炎に対して行っています。

スギ花粉症の場合はスギ花粉、ダニアレルギー性鼻炎の場合はダニのアレルゲンを長期にわたり毎日少量服用していきます。

舌下免疫療法の開始時期

スギ花粉症の場合は、スギ花粉が飛散していない6月〜12月の間から治療が始められます。
ダニアレルギー性鼻炎の場合は時期に関わらず治療は始められます。

舌下免疫療法の服用期間

1日1回、少量の治療薬から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。
初めての服用は、当院で服用していただきます。
投与後30分間は薬による副反応の有無確認のため、院内でお待ちいただきます。2日目からは自宅で服用します。
3年以上推奨しております。
※少なくとも1ヶ月に1度受診

舌下免疫療法の使用方法

治療薬を舌の下に置き、おくすりごとに定められた時間保持したあと、飲み込みます。その後5分間はうがい・飲食を控えます。

舌下免疫療法で期待できる効果

アレルギー症状を和らげたり、根本的な体質改善が期待できます。
早ければ治療を初めて数ヶ月後から効果が期待され、年単位で継続することで最大の効果が得られると考えられます。

長期間、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、治療終了後も長期にわたり症状をおさえること、または症状が完全におさえられない場合でも、症状をやわらげ、おくすりの使用量を減らすことも期待できます。



TOP
Web予約
Web予約